子どもやペットと暮らす家庭に最適な家庭用ウォーターサーバーとは?

ミルクを作りやすい温度設定がある

子どもの年齢が乳児だった場合には、70度から75度のお湯をすぐに出せるよう温度設定可能なウォーターサーバーが適しています。なぜなら、粉ミルクを溶かして乳児に与えるためには、お湯を沸かしてからミルクを作り冷ましてから飲ませる必要があるからです。粉ミルクを溶かしやすく出来上がったミルクを冷ます時間を短縮させるために適した温度が70度から75度となります。このため、コーヒーやお茶を煎れるために必要なお湯の温度よりも低い設定が可能なウォーターサーバーは、乳児がある家庭にとっては生活を便利にする道具として期待されているわけです。そして、子どもがいる家庭向けのウォーターサーバーならば、温水側のレバーにチャイルドロック機能が備わっていることが珍しくありません。

軟水または純水を選択可能

大人向けのウォーターサーバーとは異なり、子どもやペットにも安心して飲ませることができる水はミネラル分が少ない軟水またはまったくない純水に限られます。なぜなら、ミネラル分が豊富な硬水は独特な味がするだけでなく、子どもやペットがお腹を壊す原因となってしまうからです。そして、ウォーターボトルの安全性を確保するために、ボトルサイズが複数用意されているか各家庭の使用量に合わせて最小注文数が限定されているタイプが望ましいです。家庭用のウォーターサーバーはオフィスとは異なり水を使う人数が限られてしまうので、ボトル1本を消費するために必要な日数が長いと雑菌が増殖するリスクを抱えてしまいます。短期間で飲みきれるだけの水のみを購入可能なウォーターサーバーならば、安心して大人よりもお腹がデリケートな子どもやペットに与えられます。